和歌山産地

和歌山産地/最大の丸編み生産地

 和歌山産地は丸編みニット生地生産で国内1位を誇ります。丸編みはメリヤスとも呼ばれ、伸縮性に優れ、ソフトな風合いが特徴。工程上、織物より短納期生産が可能です。素材は綿、ウール、シルク、麻のほか、ポリエステル、レーヨン、テンセルなども幅広く使用しています。

 明治42年にスイス製の丸編み機5台が導入されたのが産地の始まりといわれています。大正時代に紀州ネルの起毛加工を応用した綿メリヤスを開発して大きく発展しました。昭和に入ると両面機が導入されました。戦後はメリヤス肌着だけでなく、ジャージー生地と呼ばれる合繊メリヤス生地が開発され、婦人服やスポーツ衣料などにも用途を広げました。しかし、安価な輸入品が増加することで厳しい状況に陥りました。現在は商品開発力や企画提案力の強化、多品種・少量・短納期対応などにも注力しています。