高野口産地

高野口産地/世界唯一のパイル織物産地

 パイル織物に特化した産地は、世界でも高野口しかありません。和歌山県橋本市高野口町は、明治時代からパイル織物(シール織物・シールメリヤス)の産地でした。織物の基布にパイル糸が織り(編み)込まれている特殊な有毛布地で、服地やフェイクファー、カーシート、寝装寝具、インテリアなどに使用されています。

 パイル織物のルーツである手工業的な「再織(シェニール織)」は、生地を細かく裁断して作ったモール糸を使用します。明治の頃に開発され、米国にも輸出されました。大正時代に量産できるシール織物が考案され、昭和に入ってドイツ製の二重パイル織機を導入し、内外で高く評価されました。素材も綿や羊毛から合成繊維に広がり、寝装やインテリア用品へと展開していきました。産地単独展として「高野口パイルファブリック展 ぷわぷわ」も開催しています